フィルムカメラ

スポンサーリンク
フィルムカメラ

ハッセルブラッドを買った話「500C/M Classic」

いうまでもなく有名なカメラである。中判フィルム一眼では確固たる地位を確立しており、月にまで行ったカメラとしても有名な話だ。 そんなカメラが私の手元に来るとは、いよいよ来るところまできてしまった感がある。 お店での出会い ...
フィルムカメラ

コンパクトで明るいレンズが特徴の「OLYMPUS 35 DC」

手軽に持ち運べる旅行カメラとして「オリンパス 35 DC」を購入した。というのは建前で整備済みなのに結構お値打ちで出てたものでつい・・・という感じ。 外観 本機はいわゆるコンパクトMFカメラだ。この時代、各社さまざまな...
フィルムカメラ

曲線美の美しい蛇腹カメラ「スーパーフジカシックス」

フィルムメーカのカメラは良く写るというが、このカメラも当然良く写る。そして美しい。 外観 この時代の蛇腹カメラは「ザ・カメラ」といった具合でどこか画一的でデザインに面白みがないんだけど、このカメラは一目見ただけで違うと...
フィルムカメラ

特徴的デザインの広角カメラ「コーワSW」

このカメラを特徴づけるのはなんといってもデザインだろう。「シンプル・イズ・ベスト」まさにこの言葉がよく似合う。 前面 このカメラは1964年に発売された。当時は高度経済成長の真っ只中。東京オリンピックが開催され、東海道...
フィルムカメラ

黎明期の上品な一眼レフカメラ「ペンタックスAP」

いつもお世話になっているカメラ屋に行くと、舶来品カメラの棚になぜかペンタックスが鎮座していた。うん?と思い目を凝らすと、前面にスローダイヤルが付いている。そう、これは初期の特徴だ。 店主に「これは?」と聞くとニコニコと「気づいた?」...
フィルムカメラ

フジフイルムの高級コンパクトカメラ「クラッセW」

フィルムメーカーのカメラはよく写ると言うけど、このカメラにも当然のごとくよく写る。 外観 クラッセWは「クラッセシリーズ」の2機種目として2006年に発売された。初代クラッセは2001年、本品は2006年、クラッセSは...
フィルムカメラ

ライカA型は「撮る」という本質を追求するカメラ

このカメラは実にシンプルだ。 距離計はないし、露出計もない。あるのはおまけ程度のファインダーと固定されたエルマーのみ。 外観 アイレット改造がされている ライカA型は現在の35mmフィルムを使用するカメラの源流とい...
フィルムカメラ

ブラックペイントに憧れてライカDⅡを買う

ライカのカメラは憧れだけど、それがブラックペイントになればさらに憧れが増す。M型ライカのブラックペイントは高いけど、バルナック型のブラックペイントならお手軽だ。 ライカDⅡ 正面。マウント上部の「0」はフランジバックが調整され...
フィルムカメラ

二眼レフに憧れてローライフレックス 3.5Eを購入した

二眼レフカメラはなんといっても見た目がいい。かわいいんだ。 しかもブローニーフィルムを使うことが多いから、画質は申し分ない。撮ってよし、飾ってもよしで良いこと尽くめなカメラだ。 構造も単純だから大会社から夢見る四畳半メーカーま...
フィルムカメラ

端正なスタイルのコンパクトカメラ「ミノルタALS」

ミノルタの中級機だ。洗練された端整な顔立ちをしているにも関わらず、あまり売れなかったそう。 このスタイルに一目惚れして状態の良いのを探していたら、いつものカメラ屋さんに並んでいたので連れて帰ってきた。 外観 前面 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました