はじめて買ったフィルムカメラで撮影。MINOLTA X-700

フィルムカメラ

自分が純粋無垢なわんぱく少年だった時代はまだフィルムカメラの時代であった。
しかし当時は幼かったこともあり、カメラは写ルンですばかり。よって初めて買ったフィルムカメラであるX-700で撮影するのが、初フィルムカメラ撮影となるわけである。俗に言うセカンドバージンである。

いざ撮影へ

カメラを買った翌日、さっそく撮影に出掛けた。というのもせっかく買ったカメラが撮影出来なかったらどうしようという不安からである。

記念すべき初フィルムはフジの業務用100。店主がおまけでつけてくれたものである。
残念ながら業務用100フィルムも製造終了であり、どんどん低感度なフィルムがなくなっていく。

記念すべき初フィルムカメラの作例

初撮影日。この日は天候に恵まれすぎてカンカン照りである。露出計の精度を知りたいので、指示通りの撮影を試みた。すべてAEに設定してある。

MINOLTA NEW X-700 + MD ROKKOR 50mm F1.7, FUJIFILM 業務用100

花壇。
これがファーストショット。ピントがズレてるように思えるが上出来ではなかろうか。少々オーバー気味。

MINOLTA NEW X-700 + MD ROKKOR 50mm F1.7, FUJIFILM 業務用100

八百屋さん。
そうそう、これこれと言った感じの色である。期待するのはこういう淡い色合い。

MINOLTA NEW X-700 + MD ROKKOR 50mm F1.7, FUJIFILM 業務用100

カフェの軒先
壁に描かれた鳥さんの足跡がかわいい。ピント外し気味かな。

MINOLTA NEW X-700 + MD ROKKOR 50mm F1.7, FUJIFILM 業務用100

置き物。
前ピンにして後ろをぼかしたかった。もうこの辺になってくると汗が目に入ってくるようになり撮影がきつい。マスクをしてるからなおさらである。

何枚かパシャパシャ、正確にはカコンカコンと撮ったが、デジタルに慣れすぎたか、その場で写真が確認できないことに不安を感じた。ただ逆にそれが面白く感じたのも事実。

スクリーンについて

さて何ショットかしたところでX-700のスクリーンで思ったことがある。
購入時に感じたように、明るくてとろけるように美しいスクリーンであるが、何枚か撮ってる感じだとピントの追い込みが難しく感じる。合ってるなというところまでいくが、そこからこう、もうちょっとという時にざわつく?感じがあってぼやけてしまう。いい表現がわからなくて恐縮である。
まぁ、自分の腕が未熟なのだろう。

せっかくの初フィルムカメラであるX-700。こいつでバシッと撮れるように腕を磨くと誓った。

更新:2021年4月5日 掲載写真のサイズ変更、一部加筆修正

Amazon | Kodak カラーネガティブフィルム Gold200 36枚 (6033997) | コダック | フィルム
Kodak カラーネガティブフィルム Gold200 36枚 (6033997)がフィルムストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました