フィルムカメラで桜を撮る【2021春】

散歩・旅行

2021年、フィルムカメラを購入して1年が経過した。

待ちに待った春。そう「桜」がやってくる。
フィルムカメラでやっと桜が撮れる。

桜って被写体としてはトップクラスに優秀だ。桜が入るだけで「春」を表現できる。
ただ被写体が優秀すぎて、スマホにしろデジタルにしろ同じような構図で写真を撮りがちになっていると思う。

せっかく撮影枚数が限られるフィルムカメラで撮るんだから、ここはひとつ構図を意識しながら撮ろうと思った。

撮影機材

機材A(ハーフカメラ)

カメラ:Olympus Pen EE-3
フィルム:Kodak GOLD 200

機材B(一眼レフカメラ)

Nikon FM2

カメラ:Nikon FM2 + Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4
フィルム:FUJIFILM Velvia 100

作例

上から

Olympus PEN-EE3, Kodak GOLD 200

上からのぞき込むように撮影。水面をレフ板みたいに使えないかなと。

Olympus PEN-EE3, Kodak GOLD 200

同じ上からでも人を入れてみる。

Olympus PEN-EE3, Kodak GOLD 200

人を入れてみた構図に草の緑をアクセントに。この写真1番好き。

下から

Olympus PEN-EE3, Kodak GOLD 200

下から見上げるように撮影。直線基調のものを組み合わせて視線誘導に使えないかなと。

右半分

Olympus PEN-EE3, Kodak GOLD 200

ちょっと背景がな・・・。

下から上

Olympus PEN-EE3, Kodak GOLD 200

上の方の枝に花がなかった木を見つけたので、下から上に向かってだんだん情報量が減少していくように。

Olympus PEN-EE3, Kodak GOLD 200

背景にタワーマンション。

Kodak カラーネガフィルム Gold 200 36枚撮り(10本パック)
・コダック35mmカラーネガフィルム GOLD200 36枚撮り 10本パック ・ISO200

水面に反射

Nikon FM2 + Carl Zeiss Planer T* 50mm F1.4, FUJIFILM Velvia 100

うーん・・・なんかイマイチ。

桜と電車

Nikon FM2 + Carl Zeiss Planer T* 50mm F1.4, FUJIFILM Velvia 100

これもよく見る構図。

桜をフレームに

Nikon FM2 + Carl Zeiss Planer T* 50mm F1.4, FUJIFILM Velvia 100

ちょっと中心が賑やかすぎるかな。

背景をぼかす

Nikon FM2 + Carl Zeiss Planer T* 50mm F1.4, FUJIFILM Velvia 100

背景を青空と桜にした写真。

Nikon FM2 + Carl Zeiss Planer T* 50mm F1.4, FUJIFILM Velvia 100

背景を桜以外にしてみた。主題の桜はちょっと引きめに。

Nikon FM2 + Carl Zeiss Planer T* 50mm F1.4, FUJIFILM Velvia 100

背景を桜以外の暗いもので。主題はちょっと寄りめに。

Nikon FM2 + Carl Zeiss Planer T* 50mm F1.4, FUJIFILM Velvia 100

背景を桜で。主題の桜は寄って撮る感じ。よくみる王道写真。キレイだ。

FUJIFILM リバーサルフィルム フジクローム Velvia 100 35mm 36枚 1本 135 VELVIA100 NP 36EX 1
赤・緑色系を強調した色調はネイチャーフォトに最適です。

まとめ

なかなか難しいね。構図の勉強が必要だわ。
ただ何かをテーマに撮影すると、いつもと違う緊張感が自分の中で生まれて、それがちょっと楽しかったというか、良いトレーニングになった。

また今回、はじめてリバーサルフィルムで撮影したけどできあがった写真の透明感に驚いた。すばらしくキレイだ。ちょっと高いがここぞというときに使っていきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました